筋トレ初心者必見!筋トレ嫌いでも100%成功させる方法まとめ(3ステップ)





元々ガリガリの筋トレ嫌いだった自分が

ここまでカラダを変えられた経験を元に

筋トレの成功法則を3ステップでまとめました。


これから筋トレを始める方必見!

筋トレ初心者でも100%成功できる方法です。


この記事を読み終える頃には筋トレの成功法則を理解し

確実に筋トレを続けられるようになることを約束します。




目次 / 3ステップ


① 筋トレ成功の土台は「継続」

② 筋トレを楽に続ける方法

③ ある1つのキッカケを作れば100%成功する







①筋トレ成功の土台は「継続」




筋トレは続けられるのが大前提


筋トレ成功の土台となるのは続けられることです。

これが基本であって筋トレの中で最も重要な項目です。


筋トレはいかに自分に合ったやり方で、

続けられるかが成功の鍵になります。

なので、まずは回数などではなく


「筋トレを続ける」という事に焦点を当ててください。


※続けられない筋トレは、

やっても意味がないと思ってもらっていいです。


なので、最初は無理しなくてもいいです。

適当にやっていいんです。

気楽に楽しむ程度の気持ちで筋トレをしてください。


逆に無理して自分が「しんどい、やりたくない」

思ってしまう方が返って逆効果になって、

3日坊主で終わってしまいます。


「これぐらいだったら続けられるな」

くらいの感覚で筋トレをしてください。





② 筋トレを楽に続ける方法




自分は筋トレを始めて約3年になります。

3年間筋トレをやっていて、

「筋トレは趣味、楽しいこと」だと

思って毎回筋トレをしています。


誰でもそうですが、

自分が楽しいと思えることって、

自ら進んでやりますよね、

ゲームなんかと同じような感覚です。


ゲームをやってる最中は楽しいですよね

楽しいからこそ時間を作ってでもやろうと思いますよね。


もし筋トレの中に「楽しさ」を見つけられれば、

しんどいとも思わなくなりますし、

苦にもなりません。


自分が筋トレの中で楽しさがある部分は、


・パンプアップをして普段より体が大きく見える

ガリガリの体が理想の体に近づいていってる

・今まで重かったダンベルが軽く感じるようになった

・筋トレ後に写真を撮って日々の成長を感じる


こういった部分に楽しさがあります。

楽しさを感じるのは人それぞれなので、

自分で楽しめる部分を見つけるという事が重要です。


また、自分の成長を実感することが好きな方や

現在の体にコンプレックス、変えたい気持ちがある方は

筋トレにハマる可能性が高いです。




③ある1つのキッカケを作れば100%成功する



家で筋トレしていても続かないですよね、

自分も1週間も続いたことがありませんでした。


家の中で筋トレをしていても、

すぐにYoutubeを見たり、ゲームをしたり


人間だれでも楽しくないことより楽しいことのほうが好きですから

そうなってしまうのは当たり前ですよね。


でもそれだと一生筋トレなんか続けられない

「じゃあどうすればいい?」

1つのキッカケを作ってください。


そのキッカケはジムに行くことです。


ジムの中では筋トレ器具のみしかなく、

筋トレしかできない環境なので、

必然的に筋トレをやるようになります。


自分は初めてジムに行ったことがキッカケで

筋トレを続けられるようになりました。


その初めての時から今現在まで筋トレを続けています。

(今現在まで楽しんでいるというニュアンスの方が正しいです)


ジムに行って筋トレを始めるなら、

必ず「続ける」ということを最優先で考えて筋トレをしてください。


自分のペースで遊び感覚で筋トレをするということが大事です。


そして、筋トレをやっていく内に楽しさというものが

直感でわかるようになってきます。


軽い気持ちでジムに行ってみてください。

その小さなキッカケがこれからの人生全く違ったものに変えてくれます。


自分は筋トレを続けられるようになって、

自分のコンプレックスのカラダを変えることができて

自分の見た目と内面、両方ともに自信を持てるようになりました。


今考えるとただジムに行っただけですが、

その小さなキッカケが自分の人生を大きく変えました。




まとめ




①筋トレは続けられるのが大前提で

続けられない筋トレはやる意味がない

続けるということを最優先で筋トレをする



筋トレの中に自分が楽しいと思える部分を見つける

「やってみないとわからない精神」で続けてみて

ゲームをするような遊び感覚で楽しさを見つける。



とりあえずジムに行ってみる。

筋トレを強制的にする環境を作る。

小さなキッカケ作りをする。